ワキガの治療が手術だと効率が良い理由を知る

オリジナル見出し01

ワキガは、手術によって治療することが最も簡単な方法として有名です。

では、なぜ手術による治療が最も簡単な方法だと言えるのでしょうか。

それは、ワキガの性質を理解すればすぐにわかります。
ワキガは、日常生活の乱れやホルモンバランスが崩れたことによって生じるものではありません。



そのため、日常生活を改善することによって悪臭を消すことは医学的な観点から見てもかなり難しいのです。

そもそも、悪臭の原因となっている遺伝子は両親の遺伝によって子供に継承されます。



つまり、ワキガは先天的な症状なのです。



臭いを発生させる遺伝子が生まれたときから身体に組み込まれている人意外は、悪臭を放つことはありません。



そのため、手術によって先天的な臭いの元となっているものをきちんと治療しなくてはいけないのです。



悪臭の遺伝子は、優先遺伝という遺伝の仕組みによって子供に伝わります。
優性遺伝というのは、その遺伝子の善悪を問わずに子供に優先的に継承されてしまう遺伝子のことを意味するためこの遺伝子があれば子供にも高い確率で遺伝してしまいます。具体的には、片親が悪臭の遺伝子を持っている場合には約半分の確率で発症します。



両親共に遺伝子を持っている場合には9割以上でワキガの遺伝子を持っていることになるため、これを防ぐには手術をするしかありません。



海外の人が日本人よりもこの遺伝子を持っていることは医学的にも有名ですし、原因がはっきりとわかっているため治療方法も確立されているのです。



関連リンク