様々なワキガ治療の種類

オリジナル見出し01

体質の一種であるワキガはいくら気をつけて日頃からケアしていても、臭いを軽減することはできても臭いの元は存在するので隠すことは難しいようです。


そのためその体質に悩んでいながらも、ワキガはもともと遺伝による要因が強いので諦めている人も多いようです。



しかし、そんなワキガも治療によって治すことができることが最近では一般的にも知られるようになってきました。



ワキガ治療には様々ものがあり、保険適用が認められているものもあります。



簡単に行える方法としては、塩化アルミニウム液を用いる方法です。


ティッシュやコットンなどに薬液を染み込ませて、においが気になる部分に塗ることで制汗剤やにおいを抑える効果があるものです。



また細菌の繁殖を防ぐために抗生物質を塗る場合もあります。



その他にも発汗を抑える作用のある内服薬などもあり、これは保険適用が認められています。



また同じく発汗を抑える治療としてボトックス注射もあり、この治療もワキに注射するだけの簡単な治療です。



これらは比較的手軽に行えるので、症状が軽い人などはまずは試してみるのもよいのではないでしょうか。

しかし、これらは一時的な対策であるので、においの原因となるアポクリン線を取り除かない限り根本的に治すことはできません。



ワキの毛穴に電気針を刺して高周波電流を流すことでアポクリン線と皮脂線の破壊を行う電気凝固法や、ワキの下を切開して裏返しアポクリン線を取り除く手術、ワキの下の小さな穴を開け細い管を通してアポクリン線や皮脂線をかき出しながら吸い取る手術、またその管の先端に超音波を発生させその熱によってアポクリン線を破壊しながら吸引する手術、専用の器具を用いて皮下組織ごと削る方法などは、アポクリン線に直接働きかける手術です。

いずれの方法にも当然メリットとデメリットがあるので、それらを考慮しながら考えたいものです。

関連リンク